考えている女性

避妊効果を求めてピルを服用している人が多いものの、本当に性行為中に膣内射精をしても大丈夫なのだろうかと不安になる女性は少なくありません。
コンドームの装着に非協力的なパートナーもいるため、望まない妊娠を避けるために女性側が様々な努力をしている現状があります。

一般的にはピルをきちんと正しく服用をする事で、失敗率も1%以下とほぼ100%の避妊率があると言われています。
あくまで正しい服用を行う事が前提になりますので、利用を検討している時にはまず婦人科やクリニックに出かけて医師と相談をしてみましょう。
日本でも定番の避妊方法であるコンドームに関しては3~14%と失敗率にもかなりの幅があります。
これはきちんと正しく男性が装着して行為を行った場合の確率で、装着していてもそれが正しくない装着方法だった場合には約1割ほどの確率で妊娠する可能性があると考えましょう。

この事から、ピルを規則正しく服用を続けていければ射精が行われても大丈夫だと考えて差し支えありません。
ただし、性病に関しては当然ながら直接の行為だと防ぐ事ができませんので、必要に応じてコンドームを装着する事は有効と言えます。

正しく服用するということが意外に難しいと言われているのがピルでもあります。
一般的な薬の場合は、食前や食後という風に指示がありますが、ピルの場合には自分自身で飲む時間を決めて、その一定時間に規則正しく服用していくのです。
例えば、朝7時に飲むと決めたら以後はずっと朝7時前後で服用を続けていきます。
ピルを使って避妊をしていくのであれば、この規則正しい服用を継続していく事になりますから、自分の生活スケジュールなども見直していく事になるでしょう。

記事一覧
ピルによる避妊の確率と安全性について教えます 2019年09月28日

ピルによる避妊の確率のデータによると、避妊に失敗する比率は、ほかの避妊方法と比べると0.1%という数字です。日本においてポピュラーな避妊道具としては、コンドーム...

生理時の腹痛を引き起こす要因は亜鉛不足の可能性も! 2019年10月06日

生理時に強い腹痛を感じる女性は、少なくありません。生理痛がある事で寝込んでしまい、仕事を休まなければいけないケースも出てくる程、痛みの強い女性もいるようです。こ...

避妊用ピルの有効成分と効能 2019年10月02日

意図しない妊娠を避けるための方法としては、昔からいくつもの種類のものが開発されてきましたが、そのようななかでも、女性が主体的な取り組むことができるものとしては、...

望まない妊娠を避けるためのアフターピルとは? 2019年09月30日

避妊をしていても、何かのアクシデントで妊娠するかもしれないという事態になることはよくあります。そんな時のために、アフターピルがあります。一般的なピルの使い方は、...