ピルの健康被害とペイサルジェルの効果

ピルは基本的には安全性の高い薬なのですが、避妊のために服用をする場合には血栓症に注意をしながら服用しなければなりません。
とくに喫煙をしている女性に関しては血栓症のリスクが高まるので、処方されない場合もあります。
ピルに関しては低用量でも高用量でも副作用のリスクは変わらないので健康被害を考えた場合にはコンドームの使用をするのが一番よい選択とされています。
しかし男性がどうしてもコンドームを使用しない場合は女性がピルを服用しなければならない状況になります。

健康被害を考えた場合には男性にペイサルジェルと呼ばれている注射をしてもらって避妊をする方法があります。
このペイサルジェルは男性の精液が流れる管の部分に特殊なポリマーを注入することで精液が女性器に入るのを止めるというもので、射精をした時に精液が含まれていないので避妊ができる確率がほぼ100%になります。
また女性の健康被害を防止することができるので、安心してセックスをすることができるようになります。
またペイサルジェルは10年以上も効果が続くとされていて、従来から行われていたパイプカットよりも簡単な手術で完了するので避妊を考えている男性にとっては有効な避妊法です。
このペイサルジェルに関しては臨床試験がスタートしたばかりなので、人間での臨床データが少ない状態なのですが、実用された場合は女性の負担を減らすことができるので、ピルによる健康被害にあうよりも健康リスクを下げることができます。
ペイサルジェルが開発されているインドでは人口増加が問題となっていて、これを抑制するために開発が急がれているのですが、現在では2017年に実用化できるように開発が進められている段階です。

関連記事
低用量ピルのマーベロンを服用すると大人ニキビにも有効! 2020年03月13日

低用量ピルにはいくつかの種類がありますが、マーベロンもそのひとつです。マーベロンは日本の産婦人科でも処方されている薬ですが、海外からの通販サイトからも購入するこ...

ピルとアロマセラピーの普及率と効果 2020年02月02日

ピルは避妊目的で普及率も上がってきています。開発はアメリカで、すでに1960年代の話です。世界中の女性に使用された避妊薬であり、日本においては1999年に許可さ...

ピルに含まれる卵胞ホルモンには白髪抑制効果がある? 2019年12月28日

ピルには大きく分けてエストロゲンとよばれる卵胞ホルモンと、プロゲステロンと呼ばれる黄体ホルモンの二つが含まれています。これらのホルモンはどちらも女性の体の中で自...

ピルによる避妊の確率と安全性について教えます 2019年09月28日

ピルによる避妊の確率のデータによると、避妊に失敗する比率は、ほかの避妊方法と比べると0.1%という数字です。日本においてポピュラーな避妊道具としては、コンドーム...

ピルは不倫や生理周期乱れに効果的 2019年11月05日

ピルを服用する事は多くの女性達にとって様々なメリットをもたらします。その一つが不倫をしている女性の避妊方法として効果的だということです。不倫をしている女性達が最...