ピルによる避妊の確率と安全性について教えます

心配している女性

ピルによる避妊の確率のデータによると、避妊に失敗する比率は、ほかの避妊方法と比べると0.1%という数字です。
日本においてポピュラーな避妊道具としては、コンドームが挙げられます。
コンドームによる失敗率はというと、約3%から12%という数字です。
このデータからもわかるように、ピルを服用しての避妊効果というのは、とても高いということがわかります。

避妊における効果の高さは理解しても、安全性については不安があるものです。
ピルの安全性について言えば、現在婦人科などで処方される医薬品のピルは、大きな副作用もないですし、こわいものではありません。
副作用があるので怖いもの、というのは、遥か昔の話です。

40年ほど前の日本では、高容量や中用量のタイプしか、産婦人科などでも取り扱いがなかった時代でした。
そのため扶養することによって、激しい頭痛を感じたり、血栓症になったり、重い吐き気に見舞われるケースも見られました。
時代は流れて現代においては、ハードな副作用が出るタイプではなくなっています。

現代において処方されているのは、低用量のピルがメインになっています。
含まれるホルモンの量は、1/10までに抑えられているタイプです。
そのため、指示に従って服用をすれば、体にあらわれる副作用も、ほとんどないと言って良いでしょう。
過剰に服用することに対して、不安を強める必要はありません。

一般の薬局で気軽に購入するものではなく、キチンと産婦人科などの病院で処方してもらうものです。
説明を受けますから、それに従っての服用になります。
専門の医師と直接話しができますから、ピルの服用に当たり不安な点は、その時にすべて質問しておくことです。
近年低用量ピルでよく処方されるものにトリキュラーというものがあります。
ネット上にはトリキュラーの飲み方と注意点をまとめたサイトもあるため、服用の前に一度目を通すことをオススメします。

関連記事
生理時の腹痛を引き起こす要因は亜鉛不足の可能性も! 2019年10月06日

生理時に強い腹痛を感じる女性は、少なくありません。生理痛がある事で寝込んでしまい、仕事を休まなければいけないケースも出てくる程、痛みの強い女性もいるようです。こ...

避妊用ピルの有効成分と効能 2019年10月02日

意図しない妊娠を避けるための方法としては、昔からいくつもの種類のものが開発されてきましたが、そのようななかでも、女性が主体的な取り組むことができるものとしては、...

望まない妊娠を避けるためのアフターピルとは? 2019年09月30日

避妊をしていても、何かのアクシデントで妊娠するかもしれないという事態になることはよくあります。そんな時のために、アフターピルがあります。一般的なピルの使い方は、...