ピルによる避妊の確率と安全性について教えます

心配している女性

ピルによる避妊の確率のデータによると、避妊に失敗する比率は、ほかの避妊方法と比べると0.1%という数字です。
日本においてポピュラーな避妊道具としては、コンドームが挙げられます。
コンドームによる失敗率はというと、約3%から12%という数字です。
このデータからもわかるように、ピルを服用しての避妊効果というのは、とても高いということがわかります。

避妊における効果の高さは理解しても、安全性については不安があるものです。
ピルの安全性について言えば、現在婦人科などで処方される医薬品のピルは、大きな副作用もないですし、こわいものではありません。
副作用があるので怖いもの、というのは、遥か昔の話です。

40年ほど前の日本では、高容量や中用量のタイプしか、産婦人科などでも取り扱いがなかった時代でした。
そのため扶養することによって、激しい頭痛を感じたり、血栓症になったり、重い吐き気に見舞われるケースも見られました。
時代は流れて現代においては、ハードな副作用が出るタイプではなくなっています。

現代において処方されているのは、低用量のピルがメインになっています。
含まれるホルモンの量は、1/10までに抑えられているタイプです。
そのため、指示に従って服用をすれば、体にあらわれる副作用も、ほとんどないと言って良いでしょう。
過剰に服用することに対して、不安を強める必要はありません。

一般の薬局で気軽に購入するものではなく、キチンと産婦人科などの病院で処方してもらうものです。
説明を受けますから、それに従っての服用になります。
専門の医師と直接話しができますから、ピルの服用に当たり不安な点は、その時にすべて質問しておくことです。

関連記事
低用量ピルのマーベロンを服用すると大人ニキビにも有効! 2020年03月13日

低用量ピルにはいくつかの種類がありますが、マーベロンもそのひとつです。マーベロンは日本の産婦人科でも処方されている薬ですが、海外からの通販サイトからも購入するこ...

ピルとアロマセラピーの普及率と効果 2020年02月02日

ピルは避妊目的で普及率も上がってきています。開発はアメリカで、すでに1960年代の話です。世界中の女性に使用された避妊薬であり、日本においては1999年に許可さ...

ピルに含まれる卵胞ホルモンには白髪抑制効果がある? 2019年12月28日

ピルには大きく分けてエストロゲンとよばれる卵胞ホルモンと、プロゲステロンと呼ばれる黄体ホルモンの二つが含まれています。これらのホルモンはどちらも女性の体の中で自...

ピルの健康被害とペイサルジェルの効果 2019年12月01日

ピルは基本的には安全性の高い薬なのですが、避妊のために服用をする場合には血栓症に注意をしながら服用しなければなりません。とくに喫煙をしている女性に関しては血栓症...

ピルは不倫や生理周期乱れに効果的 2019年11月05日

ピルを服用する事は多くの女性達にとって様々なメリットをもたらします。その一つが不倫をしている女性の避妊方法として効果的だということです。不倫をしている女性達が最...